Category Archives: 男性力を知る

あなたの男性カチェック表

質問に答え、Yesと答えた合計数を出 してください。その数があなたの男性力になりま す。以降の各タイトルの上に表示されてい る男性力と照らし合わせて、実践のさいの目安にし てください。 1、中折れをしたことがない 2、いまでもオナニーをすることがある 3、薬の世話にならずに快眠•快食•快便だ 4、歯が丈夫 5、Y談が好きだ 6、ベッドで女性器を観察するのが好き 7、アダルトビデオを見るのが好き 8、ヘアヌードを見るが好き 9、レイプ記事を読むと場面を想像する 10、痴漢やス^力一がしゃくにさわる 11、抵抗なく女性の愛液を味わえる 12、女性の下着をこっそり身につけてみたい 13、夢精の経験がない 14、一晩に4回以上セックスをした経験がある 15、コンドームを使ってもじゅうぶんに快感を味わえる 16、去勢すれば命が助かるという病気になったら喜んで死を選ぶ 17、無人島で男と二人きりになったらオカマを掘る 18、鏡ばりの寝室にあこがれる 19、一盗、二妃、三娘、四妻、全部こなした 20、女性の性感帯を探るのが好き 21、淋病は男の勲章と胸をはれる 22、官能小説を読むのが好き 23、大人のオモチヤはなんでも試したい 24、アヌスを攻めたことがある 25、交通情報や天気予報の美声を聞きながらオナニーをしたことがある 26、勃起したのではしを置き、食事の合間にセッ クスをしたことがある 27、欲情したら相手が生理中でもあとに引けない 28、パイブレーターより自力でイカせたい 29、仕事中に女子社員と話をしていて勃起してしまい困ったことがある 30、勃起が強まるなら厶カデだって食べる 31、女性タレントを見るとベッドでの姿を想像する 32、友達にスケベが多い 33、パーテイーではむつつりスケべになる 34、パートナーに嫉妬するとセックスが激しくなる 35、SMプレイに興味がある 36、牛や豚のモツが好さ 37、酒に酔うとセックスをしたくなる 38ベッドに録音機を仕掛けて女性のよがり声を録音したことがある 39、長荃術や陰荃増大術には関心がない 40、血糖値も肝機能値も正常 41、腹上死できるなら本望だ 42、アオカン(野外での和姦)の経験がある 43、下肢のトレーニングを欠かさない 44、風俗店に行ったことがある… Read more »

セックスと老化防止

セックスにはまだまだすばらしい効能があります。それは、老化防止の効果で、セツクスができるということは、とりもなおさず、脳細胞をはじめとする全身の 細胞が衰えていない、健康な状態だということを現しているのです。 セツクスによって0ィンドルフィンが出ると、同時にドーパミンやセロトニンと いった神経伝達物質が放出されます。ドーパミンは行動の動機づけに関係しており、 やる気を起こし老化を防ぎます。ド^ —パミンが多すぎると行動に歯止めがきかなくな りますが、セロトニンには過剰なドーパミンを抑える作用があるのです。 また、セツクスをやりとげたという自己満足感や、やりとげられるという自信を得 ることで、体の中の実質性臓器が賦活します。実質性臓器とは、私たちの体の中の臓 器のうち、中身がつまっている臓器のことです。脳や肝臓、腎臓、脾臓などがこれに あたり、男性の睾丸、女性の卵巣も実質性臓器です。ちなみに、心臓や血管、,胱な どは中が管のような空洞を持っているので管腔臓器といいます。実質性臓器が賦活す ると、ホルモンの分泌や働きも活発になるので、全身が活性化して老化の進行にブレー キがかかります。 年を重ねるというのはすばらしいことです。そこに「健康に」という言葉を加え、 健康に年を重ねることは人生の大きなテーマといえるでしよう。そのためにはセツクスは必要不可欠なのです。 私は、男性のセックスを行ぅ能力を「男性力」と呼んでいます。いくつになってもセックスを楽しみ、健康寿命を少しでも延ばすために、男性力を高める努力を怠らないようにしましょう。愛するパートナーも、より幸せになるのですから。

健康といのピラミツドの頂点

人間には二つの寿命があります。一つは生まれてから死ぬまでの、普通の寿命です.もう一つは、すこやかな生を送っている期間を指す健康寿命です。 普通の寿命はこの数十年で、三〇年も四〇年も延びました。一般的なサラリーマン なら、定年退職後も二〇年以上は生きていることになります。この二〇年以上をどう 過ごすかで、人生は良いものにも悪いものにもなるでしよう。この時期を盆栽や将棋 など、趣味に費やすのも一つの方法だと思います。しかし、趣味に費やすだけでなく、 自分は男である、あるいは女であるという肉体の性を主張し続けてこそ、より人間的 な人生といえるのではないでしようか。 そこでカギとなるのが健康寿命です。健康寿命とは、心臓や脳、胃腸など諸器官が 健康というだけでなく、年をとってもセックスが可能で、男であり女であり続けてい る期間を指します。人間にとってのセックスとは、ほかの動物のょうに単なる生殖 行為だけを意味するものではありません。人間には、生殖を目的としないセックスが 生活パターンの中心に根ざしているのです。このことこそが、いつまでも男であり女 であることの証であり、健康寿命だと私は考えます。 セツクスは健康という名のピラミッドの頂点に位置しています。年をとってからも セックスができるには、まず体の諸器官の働きがしっかりしていなければなりません。 また、心も健康でなければなりません。すなわち、体と心の両方が健康であって、初 めてセックスが可能なのです。 とはいえ、現代社会に生きる私たちは、さまざまなストレスに囲まれ、心身ともに 健康でいることは苦労を伴います。ストレスは交感神経と副交感神経のバランスをく ずし、自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している神経)の失調を 引き起こします。自律神経の失調は、男性のED (勃起障害)を伴う初老期のうつ 病や、女注の性交忌避を伴うさまざまな更年期症状につながります。 このような事態を回避するには、何よりもまず、ストレスに強くならなければいけ ません。そのためには、セックスが最も有効な手段なのです。 私たちにストレスが加わると、ストレスホルモンが生成されて体の免疫(細菌やウ イルスなどの病原体を打ち負かす働き)系統が抑えられます。ところが、セックスを すると、脳の中に満足物質、あるいは快感物質といわれるAインドルフインがわき 出し、ストレスホルモンを飲み込んで、その作用を消すのです。セックスの最中の快 感や、セックス後の気だるい満足感こそ、々インドルフインが出ている証拠です。 セックスは夜の神経、または癒しの神経といわれる副交感神経に支配されています。 男性の勃起も、女性の膣が濡れるという現象も副交感神経の働きによるものです。セッ クスによって快感が脳にフイードバックされ、0インドルフインが出ることで、ス トレスが解消し、心身ともに健康でいられるというわけです。