妻を誘う気にもなれない時の方法

私は若いころから体がとても丈夫で、虫垂炎(盲腸炎)以外には入院をしたこと もありませんでした。しかし、七十歳を越えたころに、一時期とはいえ体力が落ちて きたな、疲れやすくなったなという感じがしました。

私の人生の信念は、快食、快便、快眠、快性の四つを基本とし、すべてを大切に生 きていたいと思っています。しかし、そのころは自宅の階段を昇り降りするだけでも 息が切れ、外出もおっくうになり、根をつめて仕事をすると妙に疲れが残るようになっ たのです。そのうえ、妻を誘う気にもなれなくなっていました。

とくに精力については、「こんなにも衰えるのか」というくらい低下しました。六十代のころは、同年代はもとょり、五十代、 四十代の人にも負けないほどの精力を保っ ていました。そのころは、「六十代にもな ると、もう使い物にならない」という人の 話がまったく信じられないほどだったので す。

それが、性欲もわかず、その影響なのか 勃起もしなくなるとは、どうしても納得できません。また、しょぼくれていては人生 の信念に反します。

どうにか元気を取り戻す方法はないものかと思案して、たどり着いたのが、キウイを焼酎に漬けて作るキウイ酒でした。ハツキリとは覚えていませんが、平成五〜六 年ごろに読んだ本にキウイ酒が紹介されており、体力回復や精力増強に効果的だとい うのです。キウイならスーパーで手軽に買えるものです。そこで、さっそくキウイを 買い込んで、キウイ酒を作ることにしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *