勃起障害とビタミンについて

いまやスーパーでもすっかりおなじみになったキウイフルーツ(以下キウイ)は、 その形がニユージーランドだけに生息するキウイ鳥に似ていることから名づけられた ためか、ニユージーランド産のものが有名です。

しかし、実はキウイの原産は中国南部の中央地域で、ニユージーランドに苗木が渡っ たのは二〇世紀初頭のことです。ちなみに、原産国の中国では、キウイのことをその 外観がサルに似ているモモといぅ意味で、「ミホウトウ」と呼ばれています(中国で はサルを「ミホウ」と呼ぶ)。

その国によって鳥に似ているとか、サルに似ているといわれるキウイですが、実は精力増強にたいへんな効果のある「絶倫フルーッ」だと聞くと、驚かれる人もいらっ しやるでしよう。

勃起障害は、いくつかの原因が複合的に絡み合って起こるとされています。キウ イはこの勃起障害の原因の一つひとつに対して、効果的な成分を含んでいるのです。

勃起障害の大きな原因の一つに、ペニスへの血流の悪さがあげられます。血管が硬 くなって弾力を失うために、血流が悪くなってペニスが充血しなくなり、うまく勃起 ができなくなるのです。この原因に対しては、キウイの豊富なビタミンCが、血管を 柔らかくし弾力性を保って血流を促す効果が期待できます。

ビタミンCの作用で血流がよくなれば、ペニスをしっかりと勃起させることができ、 その状態を長く保つことも可能です。つまり、キウイを食べれば、セックスの途中で ペニスが萎える、いわゆる中折れもさけられるのです。

しかし、血管が柔らかくなり、弾力性が保たれたとしても、肝心の血液がドロドロ の状態では、流れはスムーズにいきません。そのような状態の血液に有効なのが、血 液中の悪玉コレステロ^~ルを除去するビタミン£です。キウイを常食すると、ビタミ ンEの動きによって、ドロドロの血液がサラサラになり、ペニスへじゅうぶんに血液が流れるようになつて勃起しやすい状態になります。また、ビタミンEは、健康な精 子や卵子をつくるうえで不可欠な成分でもあります。

ところで、これまで更年期障害(更年期に現れるさまざまな不快症状)といえば、 女性特有のものとされてきましたが、最近では男性にも更年期障害のあることがわか りました。男性の更年期(通常四-一-〜五十五歳ごろ)において、さまざまな心身症状 が現れるのです。これは、男性ホルモンの減少が原因と考えられています。

男性ホルモンは大脳皮質において性欲を引き起こす重要な刺激物です。男性ホルモ ンの合成が不足すると、性欲を感じにくくなり、勃起障害を起こすことがあります。 この男性ホルモンの合成を促すのが、キウィに豊富に含まれているビタミンB群です。 また、性欲はストレスや疲労が原因で減退することがよく知られています。同様に、 ビタミンB群が不足しても性欲が減退するということも覚えておくとよいでしよう。

キウィには、これらのビタミンだけでなく、さまざまなミネラルが多く含まれてい ます。なかでも精子をつくるのに必要な亜鉛とセレンは、勃起障害の改善、精力増強 にとても有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *