セックスと老化防止

セックスにはまだまだすばらしい効能があります。それは、老化防止の効果で、セツクスができるということは、とりもなおさず、脳細胞をはじめとする全身の 細胞が衰えていない、健康な状態だということを現しているのです。

セツクスによって0ィンドルフィンが出ると、同時にドーパミンやセロトニンと いった神経伝達物質が放出されます。ドーパミンは行動の動機づけに関係しており、 やる気を起こし老化を防ぎます。ド^ —パミンが多すぎると行動に歯止めがきかなくな りますが、セロトニンには過剰なドーパミンを抑える作用があるのです。

また、セツクスをやりとげたという自己満足感や、やりとげられるという自信を得 ることで、体の中の実質性臓器が賦活します。実質性臓器とは、私たちの体の中の臓 器のうち、中身がつまっている臓器のことです。脳や肝臓、腎臓、脾臓などがこれに あたり、男性の睾丸、女性の卵巣も実質性臓器です。ちなみに、心臓や血管、,胱な どは中が管のような空洞を持っているので管腔臓器といいます。実質性臓器が賦活す ると、ホルモンの分泌や働きも活発になるので、全身が活性化して老化の進行にブレー キがかかります。

年を重ねるというのはすばらしいことです。そこに「健康に」という言葉を加え、 健康に年を重ねることは人生の大きなテーマといえるでしよう。そのためにはセツクスは必要不可欠なのです。

私は、男性のセックスを行ぅ能力を「男性力」と呼んでいます。いくつになってもセックスを楽しみ、健康寿命を少しでも延ばすために、男性力を高める努力を怠らないようにしましょう。愛するパートナーも、より幸せになるのですから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *